Ken Okumura

eコマース チップ ヘルス マーケティング

インターネット販売できる医薬品の種類

インターネットで販売可能 一般医薬品 ピル 通販(国家資格)もしくわ、登録販売者(都道府県試験)を持つ人が販売できる分類の医薬品。第1類~第3類まで種類が分かれています。 ・第1類医薬品 副作用、相互作用などの項目で安全上注意が必要な薬。 販売する際は、薬剤師が医薬品に関する情報提供をする必要があります。 ・第2類医薬品 安全と予防が必要な薬があります。 販売する際は、登録販売者もしくは薬剤師が医薬品に関する情報提供をする必要があります。 ・第3類医薬品 第1類医薬品や第2類医薬品以外の一般医薬品の事です。薬剤師または登録販売者によって販売されております。ビタミン剤などが該当します。薬剤師もしくは登録販売者がいる、ドラッグストア・コンビニエンスストアやインターネットなどで販売されています。 インターネットで販売不可 ・医療用医薬品医療用医薬品は、医師が患者さんの病気や症状、体質などに合わせて処方箋を出し、それに基づいて薬剤師が調剤する薬です。「処方薬」とも呼ばれています。強い効き目が期待できるが、その代償に重い副作用が生じるおそれがあります。医師や薬剤師の指導が必要な薬となっています。そのため、適切な調剤設備を備えており、薬剤師が常駐する「薬局」でないと販売する事ができません。 時間経過によるインターネット販売可能 要指導医薬品 医療用医薬品から一般医薬品になったばかりの医薬品。原則3年が経過し安全性評価期間を合格した後、一般医薬品として認められます。Read More